セレブ スポーツ

ゴロフキンのトレーニングメニューは?入場曲やCM曲は?戦績は?

投稿日:2018年4月18日 更新日:

2018年4月15日

WBA世界ミドル級王者プロボクサーである村田諒太さんが同級6位エマヌエーレ・ブランダムラに8回TKOで勝ち日本人の初のミドル級王座防衛を果たしました。

日本人初のミドル級王座防衛の村田諒太さん

ゴロフキン戦を実現したい!

試合後にはゴロフキン戦をぶち上げました。

今回はそのゴロフキン選手について詳しく調べてみました。

ゴロフキンとは

Thank you @boxingnewsonline

Gennady Golovkin | GGGさん(@gggboxing)がシェアした投稿 -

本名 ゲンナジー・ゲンナジービッチ・ゴロフキン(Gennady Golovkin)
国籍 カザフスタン
出身地 カザフスタン:カラガンダ州カラガンダ
生年月日 1982年4月8日(36歳)
身長 179センチ
階級 ミドル級
リーチ 178センチ
スタイル オーソドックス
通称 GGG(トリプルG) God of war(戦いの神)
総試合数 38戦(勝ち37・KO33・引き分け1)

ゴロフキン選手はロシア系の父と高麗人の母との間に生まれたロシア系カザフスタン人です。

ボクサースタイルはオーソドックスでクリンチさせないディフェンス感と絶妙な距離感に優れ、変幻自在なストレートとフックでダウンを奪えるKO率80%を超える圧倒的な破壊力と爆発力を持つ選手です。

そんな世界トップボクサーとして知られるゴロフキンですが、その圧倒的な強さはプロのボクシング選手から見ても驚くほどの練習量だそうです。
今回は、ミドル級3団体で王者の称号を持つゴロフキンのトレーーニングメニューや入場・CM曲、戦績についてご紹介していきます。

ゴロフキンのトレーニングメニューとは?

#NODRAW

Gennady Golovkin | GGGさん(@gggboxing)がシェアした投稿 -

調べていくと、ゴロフキンの行なっているトレーニングメニューは基礎を大切にしている印象を受けました。

ゴロフキン トレーニングメニュー
ストレッチ
腹筋運動
ダンベルを持ちながらなシャドーボクシング
ダンベルを置いてシャドーボクシング
ケトルベルを使ったフリップ運動
バランスボールとローラーを使った体幹トレーニング
アゴ立て伏せ
ゴムチューブを使った肩のトレーニング
砂袋を頭に乗せた首のトレーニング

もし自分がやるとしたらかなりハードだと思われますが、ゴロフキンのトレーニングメニューは強さを得るために誰にもできない特別な秘密のトレーニングなどはしておらず、基礎+他の運動を取り入れているようです。

ゴロフキンは、「猛練習が君に自信を与え、君を強くする」と格言とも言える素晴らしい言葉を残し、他のボクサーや一般人に良い影響を与えています。

ゴロフキンの入場曲は?CM曲もご紹介

ゴロフキンの入場曲はThe White Stripesの「Seven Nation Army」・Wolfmother「Joker and The Thief」です。

The White Stripes 「Seven Nation Army」

Wolfmother 「Joker and The Thief」


です。
ゴロフキンのテーマ曲として定着しているといっても過言ではないでしょう。

ゴロフキンがCMに出演していた!その時のCM曲は?

また、ゴロフキンが出演したCMを見た事はありますでしょうか?

実は、ゴロフキンはApple Watch Series 3 + Apple Music のCMに出演しており、その時に使われたCM曲は
Labrinth(ラビリンス)の「Misbehavin」です。

Labrinth 「Misbehavin」

「ゴロフキンの出演しているCM曲は誰の曲!?」と興味を持った人も多いのではないでしょうか。

動きが早い!

ゴロフキンの戦績

右ボクサーファイターのゴロフキンは世界に名を轟かせるボクサーです。
デビューしたのは2006年5月6日で数々の試合に出場していますが、その戦績はここには書ききれないほどあります。
今回は特に目立つ実績を残した試合を上げていきます。

 

ゴロフキン戦績 対戦相手 王座獲得
2009年7月11日 第17戦 ジョン・カルバリョ WBOインターコンチネンタルミドル級王座
2010年8月14日 第19戦 ミルトン・ヌネス WBA世界ミドル級暫定王座
2014年2月1日 第29戦 オサマヌ・アダマ WBA世界ミドル級スーパー王者
2014年10月18日 第31戦 マルコ・アントニオ・ルビオ WBC世界ミドル級王座
2017年3月18日 第37戦 ジェイコブス WBA正規王者ジェイコブスと王座

⚫︎17戦目 2009/7/11 に行われた試合はWBOインターコンチネンタルミドル級王座決定戦を獲得しました。

対戦相手はジョン・カルバリョで。

⚫︎19戦目 2010/8/14に行われた試合では、WBA世界ミドル級暫定王座決定戦を獲得。正規王座を認定されました。

対戦相手はミルトン・ヌネス。

⚫︎29戦目 2014/2/1に行われた試合では、WBA世界ミドル級スーパー王者に認定されました。

対戦相手はオサマヌ・アダマ

⚫︎31戦目 2014/10/18に行われた試合では、WBC世界ミドル級王座を獲得。

⚫︎37戦目 2017/3/18に行われた試合では、WBA正規王者ジェイコブスと王座統一戦。

I'm ready. #GGGJacobs #tomorrow #HBOPPV #MSG

Gennady Golovkin | GGGさん(@gggboxing)がシェアした投稿 -

ゴロフキンの特に目立った戦績を挙げました。

プロアマ通じてノックダウン、ストップ負けの経験がないゴロフキンの総試合数38試合中、勝ちが37、KO勝ちが33、敗け0、引き分け1という戦績結果を残しています。

まとめ

ゴロフキンとアルバレスは昨年9月に引き分けで試合を終わっており、5月5日にこの2人の再戦が発表されましたが、アルバレスのドーピング使用が発覚し中止となりました。

ゴロフキンは5月5日にラスベガスで他の選手と試合を行う予定だそうです。

スポンサードリンク

-セレブ, スポーツ

Copyright© ハルトアナライズ世の中で起きている密かな出来事 , 2018 AllRights Reserved.