セレブ

ムーミンの出身地や国はどこ?小説や絵本!ムーミンランドについても!

投稿日:2018年1月13日 更新日:

ムーミンって!?

ムーミンって小さい頃テレビで見たことがある。
けれどもどんなお話だったか全く知らない。
そういえばムーミンって日本のマンガなのかな!?
気になることは調べないと気持ちがわるい。
ということでさっそくムーミンについていろいろと調べてみました。
スポンサーリンク

ムーミンの出身地の国ってどこ?

ムーミンが舞台になっているあの自然豊かな場所。

あの国ってどこなんでしょうか

調べてみると

ムーミンの舞台となっているのはフィンランドのムーミン谷とされています。

ムーミンの出身地は舞台となっているのがフィンランドのムーミン谷ということでフィンランドということですね。

そういえばフィンランドってどの辺りだったっけ?
ということで地図を引っ張り出してきました。

フィンランド

世界地図で日本とフィンランドをみてみました。

ユーラシア大陸の向こう側ですね

北欧といわれるあの辺り

結構寒そうなイメージですね。

センター試験でムーミンが話題に!2018年1月13日ムーミン公式が炎上

2018年1月13日大学受験のセンター試験の地理Bでムーミンに絡んだ問題が出現します。

この地理Bにムーミンが絡む問題に対して

できなかった受験生でしょうか。

怒りの矛先は問題を作った出題者ではなくツイッターのムーミン公式に矛先が向かう

ムーミンの出身地の設定を変えてくれというツイートなども現れます

この大炎上したムーミン公式の回答がコチラ

ムーミン公式は超ポジティブ

強い!

そしてこの炎上には

ムーミン擁護派も

「ムーミンは悪くない!」

「ムーミンになぜ凸るw文句言うなら出題者にだろ」

などのツイートも出てきたのが炎上の要因となりました。

 

ムーミンとは

そもそもムーミンとは何者なのでしょうか!?
こちらも調べてみると
フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの「ムーミン・シリーズ」と呼ばれる一連の小説と絵本。
および末弟ラルス・ヤンソンと共に描いた「ムーミン漫画(コミックス)」作品の総称。
あるいはそれらとそれらを原作とする二次著作作品の総称。
同作品に登場する架空の生物の種族名であり、同時に主人公(主要な登場生物)の名前でもある「ムーミントロール」の略称あるいは愛称。

えーーーっと長い!

んとフィンランドの作家トーベ・ヤンソンが書いた小説と絵本に出てくる架空の生物の種族名。
あるいはムーミントロールという主人公の名前の略称。

そうなんですね。
あの主人公の名前がムーミンっていうのだと思っていたけれどムーミンっていう種族。
そしてムーミントロールの略称が主人公の名前ムーミンでもあるわけですね。

 

ムーミンの国籍や出身地がフィンランドと言われる由来は、ムーミンを生み出した作者がフィンランドだから。という理由ですね。

ムーミンランドが日本にもやってくる!?ムーミンランドメッツァが日本にオープン

そんな一気に着目を浴び話題となったムーミンですが

日本にもムーミンランドメッツァが埼玉県に2018年秋オープン予定です。

所在地:埼玉県飯能市宮沢431番3外58筆及び湖畔市有地

この埼玉県にオープンする予定のムーミンランドメッツァは湖を挟んでメッツァビレッジ(2018年秋オープン予定)とムーミンバレーパーク(2019年春オープン予定)の2つのゾーンに分けられます。

メッツァビレッジ

2018年秋オープン予定。

上の地図でいうと右側の緑色のエリアです。

公園感覚で入場することができる無料エリアです。

自然を身近に感じることのできる施設やアクティビティや北欧の文化を体験することのできるワークショップを展開するとのこと!

また飯能市で取れた野菜や工芸品などを取り扱うマーケットやサウナ併設の宿泊施設やグランピング施設も完備される予定とのことです。

日本では少し前から北欧も流行ったので楽しみですね。

ムーミンバレーパーク

こちらは2019年春オープン予定。

上の地図で言うと左側の薄い緑色のエリアです。

ムーミン一家とその仲間達と出会うことができます。

ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷をはじめムーミンの物語にも登場するお馴染みの建物やムーミンの物語を追体験することができるアトラクションがあります。

またムーミンの生みの親であるトーベ・ヤンソン氏の想いを感じることのできる施設まで完備!

ムーミンバレーパークでしか買うことのできないオリジナル商品を扱ったギフトショップやレストランをオープン予定とのことです。

ムーミンファンにとっては夢のような時間を過ごすことができますね!

ムーミンの出身とムーミンの歴史

それではそのムーミンとムーミンを生み出した作者トーベ・ヤンソンの歴史を振り返ってみます。

ムーミンとムーミンの生みの親であるトーベ・ヤンソンはどのように歩んできたのでしょうか

その流れを追っていきます。

ムーミンの生みの親トーベ・ヤンソン誕生:1914年(トーベ・ヤンソン0歳)

ムーミンの生みの親であるトーベ・ヤンソンは1914年8月9日フィンランドのヘルシンキで生まれます。

トーベ・ヤンソンの父は彫刻家、母は画家という芸術家族の長女として生まれます。

トーベ・ヤンソンは10代の頃より自分の住むフィンランドや海外で芸術を学びます。

ムーミンの誕生:1934年(トーベ・ヤンソン20歳)

トーベ・ヤンソンが10代の頃にムーミンの姿や形に似たキャラクターが生まれます。

スウェーデン語系の雑誌にそのキャラクターが登場しています。

ムーミンの小説:(トーベ・ヤンソン31歳~55歳)

ムーミンが登場する小説は1作目から最終の9作目まであります。

ムーミン小説1作目:小さなトロールと大きな洪水(1945年:トーベ・ヤンソン31歳のころ)

ムーミン小説2作目:ムーミン谷の彗星(1946年:トーベ・ヤンソン32歳ころ)

ムーミン小説3作目:たのしいムーミン一家(1948年:トーベ・ヤンソン34歳ころ)

ムーミン小説4作目:ムーミンパパの思い出(1950年:トーベ・ヤンソン36歳ころ)

ムーミン小説5作目:ムーミン谷の夏まつり(1954年:トーベ・ヤンソン40歳ころ)

ムーミン小説6作目:ムーミン谷の冬(1957年:トーベ・ヤンソン43歳ころ)

ムーミン小説7作目:ムーミン谷の仲間たち(1962年:トーベ・ヤンソン48歳ころ)

ムーミン小説8作目:ムーミンパパ海へいく(1965年:トーベ・ヤンソン51歳ころ)

ムーミン小説9作目(最終作):ムーミン谷の十一月(1970年:トーベ・ヤンソン56歳ころ)

ムーミンの絵本:(トーヤ・ベンソン38歳~63歳)

ムーミンは小説だけでなく絵本にもなっています。

ムーミンの絵本の歴史についても調べてみました。

調べてみると出版されているのは三作品でした。

ムーミンの絵本1作目:それから どうなるの?(1952年:トーベ・ヤンソン38歳ころ)

ムーミンの絵本2作目:さびしがりやのクニット(1960年:トーベ・ヤンソン46歳ころ)

ムーミンの絵本3作目(最終作):ムーミン谷へのふしぎな旅(1977年:トーベ・ヤンソン63歳ころ)

ムーミンのアニメ:(トーヤ・ベンソン45歳~76歳)

ぼくがムーミンを知ったのはこのアニメです。

テレビで放送されていたのを見たことがあります。

ムーミンのアニメについても調べてみました。

1959年ムーミンの初アニメ:パペットアニメーションMoomins on Stage:ドイツで初めてテレビ放送されます。

1969年~:日本制作のムーミンのアニメ:ムーミンがフジテレビ系列で放映されます。続いて新ムーミンも同系列で放映されます。

1978年~:ポーランドでムーミンのアニメーションが放映されます。

1990年~:テレスクリーン社(日本・オランダ)楽しいムーミン一家がテレビ東京系列で放映されます。世界60カ国で楽しまれるようになります。

トーベ・ヤンソンさん永遠の眠りに

2001年6月27日にムーミンの生みの親トーベ・ヤンソンは永遠の眠りにつきます。

享年86歳。

トーベ・ヤンソンさん芸術とその想像力を活かしムーミンというなんとも言えないキャラクターと物語を生み出してくれました。

ムーミンは世界中の人々に愛されました。

トーベ・ヤンソンさん

ありがとう。

ムーミンはぼくのこころに残っていますよ

 

ムーミンの出身地の他によく読まれている記事

スポンサーリンク

 

 

スポンサードリンク

-セレブ

Copyright© ハルトアナライズ世の中で起きている密かな出来事 , 2018 AllRights Reserved.