セレブ

女子パシュートスタート謎の「待って」の声に高木美帆が体を起こす!

更新日:

平昌オリンピック
銀メダル
金メダルも出て断然盛り上がってきています。

まだまだ日本選手の競技は続きます。

今回は今まで3戦連続で世界新記録を出してきている女子パシュート。

いつものようにレディーの声から長い間があっての号砲のあと三人がスタート。

スタートして7秒後第一コーナーで先頭を走る高木美帆さんが急に身体を起こす。

一体何が起こったのでしょうか!?

スポンサードリンク

女子パシュートの謎の「待って」の声:スタートして7秒後に!?

第一コーナー手前で高木美帆さんが体を急に起こしたので一瞬何が起こったか分かりませんでした。

解説者も「あ!高木美帆が!」「どうしましたかこれは」「フライングと思ったのでしょうか!!」

一瞬体を起こした高木美帆さんでしたがすぐに走り出し加速しだします。

その姿をみて解説者も「まあ影響はなさそうです」というものの中盤まで中国の方が速い!!

結果は後半みごとな走りで中国に勝ち次のステージ準決勝へ進出を決めました。

レースには勝ち解説者もほっと一安心したところですが

あのスタート直後の一瞬立ち上がった高木美帆さんのインタビューに注目が集まります。

インタビュー内容:

インタビュー「そのスタートの部分がちょっと合わなかった部分があったようですが」

高木美帆さん「そうですね。えっとー最初のスタートのたぶん号令に合わせることができなかった、合わせにくかったのかなっていう風に感じてるので、そのーえとー次に活かせるところかなと思います」

インタビュー「そのあたり佐藤選手動揺とかはなかったですか」

佐藤綾乃さん「やっぱりスタートの長さっていうのがやっぱりこう、どうしても感じてしまって、、長かったからっていう理由ではないんですけど最初のスタートで二三歩抜けてしまったので、そういう大きなミスを今回をしてしまったんですけど、次、セミファイナル、ファイナルとあるので、ほんとに今回のような大きなミスはしたくないので、あらためて気を引き締めてファイナルに」

高木美帆さんが体を起こしたはっきりとした理由が一番聞きたかったところでしたが

インタビューアーと二人からは具体的にはインタビューからは「待って」に関するキーワードは出てこず。

あの「待って」の声は佐藤綾乃さんの声だったのでしょうか・・・。

「待って待って」は高木菜那さん

スタートから7秒後に聞こえたあの謎の「待って待って」は体制を立て直すために高木菜那さんがかけた声のようです。

女子パシュート「待って待って」に対する声

女子パシュート順々決勝結果

1 オランダ 2分55秒61
2 日本   2分56秒09(1位オランダとの差:0.48)
3 カナダ  2分59秒02(1位オランダとの差:3.41)
4 アメリカ 2分59行75(1位オランダとの差:4.14)
準決勝進出

スタート直後にハプニングにもかかわらず息ピッタリのワンライン。

オリンピック新記録を出して1位になったオランダに対して0.48秒差で2位の日本女子パシュート。
3位のカナダとは2.93秒差。

世界新記録を連続で出してきている日本女子パシュート。
チームワークを武器にオリンピック記録も出せそう。
4年間の努力

今回の予選(準々決勝)フル動画

なぜここまで日本の女子パシュートが強くなったのか?
4年前のソチオリンピックでの屈辱の敗退から一から立て直すことを決意。
パシュートメンバーナショナルチーム

[blogcard url="http://carbonjam.com/cz/wnCcF"]

寝食とトレーニングをともにしてきた4年間のチャレンジの軌跡はこちらです。

個人からチームの力
他の国が真似できない日本の武器を作り出すまで(48:54)

個々の圧倒的実力を持つオランダに勝つためには!?

スポンサードリンク

-セレブ

Copyright© ハルトアナライズ世の中で起きている密かな出来事 , 2018 All Rights Reserved.