各月のイベントと言えば?

6月の行事・イベント・記念日・話題と言えば?

投稿日:

今回の記事では、「6月といえば?」ということで、6月の行事・イベント・記念日など、「6月」と聞いて連想するものを、まとめていきたいと思います!

「六月ってどんなことがあったっけ? 何か話題に使えるものはあったっけ?」と疑問をお持ちの方のご参考になれば幸いです!

6月の行事・イベントといえば?
衣替え(6月1日)
日本では、6月1日と10月1日に衣替えが行われることが多いです。

社会人の方、あるいは学生の制服を見ていると、「もう夏だな〜」って気分になってきますよね。

梅雨 / 梅雨入り

By: Massimo Margagnoni

ほとんどの地域では6月に梅雨入りします。「雨」のイメージはやっぱり強いですよね。

6月は「梅雨・雨」を強烈にイメージさせます。そのため、以下に挙げるような、それに付随するものも、6月の象徴といえそうです。

傘・雨合羽(かっぱ)・レインコート・ポンチョ・長靴などの雨具
雨が好きな人は少なく、苦手な方のほうが多いと思います。そんな「雨の時に憂鬱になってしまう方への対策」としてよく挙げられるのが、「お気に入りの雨具(特に傘)を使おう!」といったアドバイスですよね。

カラフルな傘

僕はあまり雨具を買い換えることはありませんが、傘を買い換えるのが多いのはこの時期です。ビニール傘などでも機能的には問題ないですが、自分の好きな柄・イラストの傘を使うと、傘を使う度に少し明るい気分になれますよ!

紫陽花(あじさい)
たくさんのアジサイ

6月のカレンダーの常連と言っても良いですね(笑) 

「曇り空+小雨+アジサイ」という構図は、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。そして、アジサイとセットでよく挙げられるものが…

蝸牛(カタツムリ)
かたつむり

そう、カタツムリです。
でんでんむしむし かたつむり♪

よくアジサイの葉のあたりにいますよね。とてもカワイイです。

そうそう、ナメクジもよく見かける時期ではありますが、カタツムリとナメクジの違いって何なんでしょうか? 気になって調べてみたら、こんな記事を見つけたので紹介しておきます。

カタツムリとナメクジの違いとは? – なるほど空間

あ、結構自然の多い場所では、「蛙(かえる)」も見かけやすい時期ですね。

てるてる坊主
照る照る坊主も、「雨」とセットで語られることが多いですよね。

雑学的なことですが、てるてる坊主を逆さの状態で飾ると、明日の天気は雨になると言われています。これを「ふれふれ坊主」「あめあめ坊主」「るてるて坊主」と呼んだりします。

「るてるて坊主」ってなんだか可愛いですね(笑) 逆さに吊す=てるてるの反対だから、”るてるて” なんでしょうね〜。

スポンサーリンク

湿気・ジメジメ・カビ
湿気・ジメジメした感じ、またそれにともないカビが発生しやすくなるのも、梅雨の時期の特徴です。季節的に気温も高まってきて、「ジメジメした嫌な暑さ」も感じやすい季節です。

関連記事: 今年(2015年)の暑さはいつからいつまで? 東京・大阪・他全国

YOSAKOIソーラン祭り(6月上旬)
さて、梅雨に関する話題もこの辺にして、「お祭り」を1つご紹介したいと思います。

ご紹介するのは、「YOSAKOIソーラン祭り」です。北海道札幌市の有名なお祭りです。お祭りの名前の通り、音楽に合わせて鳴子(なるこ、音を出す道具の一つ)を持った踊りが披露されます。

言葉では説明しづらいので、動画を一つご紹介したいと思います。

動画でも迫力を感じるくらいなので、生で見るともっと凄いんでしょうね…!

このお祭りの詳細を知りたい方は、公式HPが参考になります。
・YOSAKOIソーラン祭り公式サイト

6月の記念日といえば?
プロポーズの日(6月第1日曜日)
ウエディング

全日本ブライダル協会では、6月の第1日曜日を「プロボーズの日」と定めています。狙いは「なかなかプロボーズに踏み切れずにいるカップルのキッカケとなれば…」とのこと。

6月は「ジューン・ブライド(6月の花嫁)」でもあり、欧米には「この月に結婚すると幸せになれる」という言い伝えがあります。今では日本でも広まっています。「プロボーズの日」も、これに合わせた制定だったのかもしれませんね。

父の日(6月第3日曜日)
父の日プレゼント

父に感謝を表す日です。

ほとんどの国がこの日を「父の日」に定めていますが、別の日に定めている国もあったりします。たとえぱ台湾は「8月8日」です。「爸爸(パパの意)」と「八八」の発音が同じことに由来します。

慰霊の日(6月23日)
沖縄県が制定している記念日です。1945年6月23日、沖縄戦が終結したことに由来します。地方限定ではありますが、この日は休日(公休日)となっています。

その他の「6月」といえば?
6月は祝日がない
そう…6月は祝日がない月なのです(ちなみに過労死も6月が多いとか…)。

ドラえもんでは、のび太くんが6月のことを「もっとも、ふゆかいだ」と痛烈に批判しています。その理由は「祝日が一日もないから」とのこと(笑)

そこでのび太くんは、「日本標準カレンダー」という秘密道具を使って、6月2日を「ぐうたら感謝の日」として「国民全員が働いてはいけない日」という意味の祝日を制定しました(笑)

余談ですが、日本には「全日本ぐうたら協会」と呼ばれる団体があります。活動方針は「何もしない」です。

それ活動しているのかよ

と思わずツッコんでしまいそうな活動内容ですが、会員状況などもさっぱり把握できていないそうです。なぜなら活動方針が「何もしない」なのですから。

6月は一年の折り返し地点である
一年は12ヶ月です。
つまり6月は、もう折り返しの月になるんですね。

「もう一年も半分か。早いなぁ」という会話をたびたび耳にすること間違いなしです(笑)

まとめ
最後に、今回ご紹介した項目をまとめて終わりにしたいと思います。最後までご覧いただき、ありがとうございました!

行事・イベント

衣替え(6月1日)
梅雨 / 梅雨入り
傘、雨合羽(かっぱ)、レインコート、ポンチョ、長靴などの雨具
紫陽花(あじさい)
蝸牛(カタツムリ)
てるてる坊主
湿気、ジメジメ、カビ
YOSAKOIソーラン祭り(6月上旬)
記念日

プロポーズの日(6月第1日曜日)
父の日(6月第3日曜日)
慰霊の日(6月23日)
その他

6月は祝日がない
6月は一年の折り返し地点である

スポンサードリンク

-各月のイベントと言えば?

Copyright© ハルトアナライズ世の中で起きている密かな出来事 , 2018 All Rights Reserved.