生活

PTAの役員でパソコンができない人が書記になった時の対処方法は? 2019年7月

投稿日:

PTA役員で書記になった方がパソコン操作が出来ないと言っています。
パソコンができなくても書記の仕事は問題ないでしょうか。
または出来ない人が書記になった時の対応を教えてください。

<h2>まずは手書きで出来る範囲をやってもらいましょう</h2>
PTAの書紀の人がパソコンができないときにはどうしたらいいでしょうか。
今の時代、パソコンやタブレットなど何かしら家には所有していて、仕事上もパソコンを使用したりと、全く触れないという人も少なくなってきたのではないでしょうか。かといって全ての方が操作できるわけではありません。役員になった人が「パソコンは無理」というのであれば、議事録等であれば手書きで十分ではないでしょうか。次の年のこともあってどうしてもデータで残したいという場合は、最初に本部役員に相談するか、日付変更や名前変更で済むような文書から作成してみてはどうでしょうか。スマホが当たり前の時代で、パソコンも何度か操作している間にきっと慣れてくるはずです。

<h2>スマートフォンで代用</h2>
パソコンが苦手だとしても、スマホは扱える方が多いのではないでしょうか。今はスマホのアプリにエクセルやワードもあるので、利用するのもひとつの手だと思います。もし操作がわからないといった場合でも、検索すればすぐ解決方法は見つかると思います。
またスマホだとデータのやり取りもパソコンよりは楽に行うことができます。今はPTAでもLINEで連絡を取り合うことも多いと思います。LINEでもメールでもデータを送るのはパソコンより簡単です。
プリンターがない場合でも、データをプリンターを持っている方に送って印刷してもらう。またはコンビニでも簡単に印刷することはできます。

<h2>まずはパソコンを扱える人から優先的に書記をお願いする</h2>
役員決めとなると、会長や副会長から決めていくことが多いと思いますが、どうしても書類はパソコンで作業が必要とあれば、まずパソコン作業が得意な方が必要な書記から役員を決めてはいかがでしょうか。
書記が決まり次第、残りの役員を決めていくといった形です。
書類を作成するだけでなく、データの扱いかたや、次年度の方にわかりやすい状態でデータを残しておく、など細かな作業も出てきます。
複数人で得意・不得意を補えるのであれば問題ないと思いますが、書記が一人で色んなことを担う必要があるのであれば、パソコン作業が得意な方が適任でしょう。

<h2>まとめ</h2>
今の時代ネット環境があったり、パソコンができて当たり前の時代になってきました。今はパソコンの操作が出来なくても問題ないと思っていても、お子様が大きくなるにつれ、色んなことの申し込みや、学校での連絡等必要になってくる場面が増えてくると思います。実際大学生のお子様を持つ家庭では、出願書類を送るのも「宛名ラベル」を印刷して封筒に貼る作業が必須でした。
苦手意識があって、今まで触ってきたことのない方でもやってみれば案外こなせてしまうこともあります。今後のためにも、周りの協力も得て少しずつ覚えてもらってはいかがでしょうか。

スポンサードリンク



-生活

Copyright© ハルトアナライズ世の中で起きている密かな出来事 , 2019 All Rights Reserved.