旅行

韓国の病院で火災発生!スプリンクラーは?原因は!?

更新日:

韓国の病院で火災41人死亡130人余りが負傷!映像


スポンサーリンク

2018年1月26日午前7時半ころ火災発生

韓国南部、慶尚南道密陽(キョンサンナムドミリャン)の世宗病院で26日午前7時半ころ火災が発生しました。

韓国メディアによると入院中の患者41人の死亡が確認されています。

死者は全員入院患者。

130人余りが負傷しています。

火災発生の7時半ころから約3時間後の10時26分には火は完全に消し止められたとのこと。

世宗病院の火災発生場所

世宗病院の火災が発生した場所は1階の救急室付近から出火したもよう。

出火当時、病院には高齢者ら体の不自由な患者など100人以上が入院していました。

釜山(プサン)の日本総領事館では情報収集を続けているが午前11時の時点で日本人の被害は確認されていません。

韓国大統領府は同日危機管理センターを設置したとのことです。

スプリンクラーの設置なし

重傷者のうち10人は危険な状態。死者がさらに増える可能性もある。該当の病院(世宗病院)にはスプリンクラーの設置はされていなかった(蜜陽消防署:チェ・ミヌ署長)

世宗病院火災時の状況

火災発生時(初期消火無し!?)

病院に勤務していた看護師二人は「救急室で仕事をしていたら突然後ろの方から煙が出てきたので火事だと言って外に飛び出した。と証言。

火災が発生した世宗病院本館にはおよそ100人の患者が入院。

本館の裏にある別館には94人の患者が入院していました。

死亡したのは全て本館に入院していた患者とのことです。

蜜陽消防署によると別館にいた患者や看護師らは全員救助されたのとのこと。

別館にいた理学療法士のイさん(58)は火災が発生したと聞き、勤務していた病院関係者たちが5階の患者28人とともに避難器具に乗って降りてきたと語りました。

火災発生から二時間後

午前9時27分頃目立った火は消し止められましたが入院していた患者たちが避難できず人命が拡大したものとみられるとのこと。

消防関係者によると入院患者のうち15人は酸素呼吸器を付けた重傷者だったとのことです。

火災発生から三時間後

火災発生から3時間後の10時26分頃火は完全に消し止められました。

火災発生の原因は?

原因を把握中です。

消防当局は万一の事態に備えて病院の建物すべての階を詳しく調べています。

 

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

また怪我をされている方の一日も早い回復をお祈りします。

病院火災に対し韓国の文在寅大統領

「残念でならない」

韓国での火災

韓国では昨年2017年12月に中部の忠清北道堤川(チュンチョンプクトチェチョン)でビル火災が起き29人が死亡した。

また今月2018年1月20日にはソウル市中心部の旅館でも火災が発生し10人が死傷している。

2014年5月28日高齢者向け病院別館2階で火災が発生。高齢患者20人と看護補助者1人の計21人が煙のため窒息死した。スプリンクラーは設置されていなかった。

 

 

韓国の火災以外で他に見ている記事

[blogcard url="http://carbonjam.com/cz/ikAec"]

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-旅行

Copyright© ハルトアナライズ世の中で起きている密かな出来事 , 2018 All Rights Reserved.